ランニングは【お尻を使って走る】と反り腰になる?

ランニングフォームのポイントの1つとして、「お尻を使って走る」ということが言われています。

この「お尻を使って走る」という表現。

お尻のどこを優位に使えているかで、パフォーマンスが上がることもあれば、反対に下がってしまうこともあります。

間違った場所を使っていると、反り腰になって腰痛の原因になってしまったり、脚が太くなる原因になってしまったりするのです。

そこで今回は、反り腰になってしまうお尻の使い方を解説し、お尻のどこを優位に使って走れば、腰痛や脚が太くなることを防げるのかをご紹介します。

この記事を読むことで、反り腰にならないお尻の使い方が分かり、ご紹介するトレーニングを実践することで、効率的なランニングフォームを身に付けることができます。

【詳しくはこちら】

↓↓↓

LINE公式アカウントに登録していただくと、ブログの更新通知を受け取ることができます。

友だち追加