ランニングの強度設定は、【ペース】ではなく【心拍数】で設定するべき3つの理由

効率的にトレーニングをしていくためには、ランニングの強度設定を最適化する必要があります。

その際、ダイエット目的の場合とマラソンに向けたトレーニングの場合とでは、トレーニング強度の設定に違いがあり、強度が弱すぎても強すぎても思うような結果が得られません。

その強度設定を「キロ何分で走る」というように、ペースを目安に考えている方も多いのではないでしょうか?

僕がランニング指導する際は、ランニングの強度設定は「ペース」ではなく「心拍数」で設定することをおすすめしています。

今回の記事では、ランニングの強度設定は、ペースでは心拍数で設定するべき3つの理由をお伝えし、それぞれの理由について解説していきます。

この記事を読むことで、心拍数をもとにして、走る目的に合わせた最適な強度の設定方法を知ることができます。

詳しくはこちらから

↓↓↓

LINE公式アカウントに登録していただくと、ブログの更新通知を受け取ることができます。

↓↓↓

友だち追加