ナイキの厚底シューズを【サブ3未満のランナー】が履くデメリットとは?

今や、ランニングをしていない人さえ知っている「ナイキの厚底シューズ」

男女のマラソン世界記録や、男子のマラソン日本記録を更新したのもナイキの厚底シューズです。

また、2021年の箱根駅伝での着用率は95.7%とほぼ独占状態でした。

まさにナイキ厚底シューズの一強時代です。

数々の記録を次々と塗り替えていったため、メディアにも大きく取り上げられたこともあり、「あのシューズを履けば自分も速く走れるのではないか?」と思った方も多いのではないでしょうか?

確かに、「速く走る」ということにおいては、シューズの構造からみても、伴っている結果からみても間違いないでしょう。

着用した多くのランナーが、「他のシューズより速く走れる」と実感しています。

だだし、それはトレーニングをしっかり積んだ一部のランナーだからこそ得られるメリットです。

フルマラソンで言うと、「サブ3以上」のレベルのランナーが目安です。

サブ3にまだ到達していないレベルのランナーが履くことは、デメリットの方が大きくなります。

このことは、ナイキの厚底シューズが登場して以来、様々議論されてきました。

最近では、ナイキ以外のメーカーもカーボン入りの厚底シューズを投入してきており、様々なラインナップが揃ってきています。

そんなタイミングで、あなたに本当に合ったシューズ選択ができるように、医療系国家資格を持つランニングトレーナーとしての目線から、サブ3未満のレベルのランナーが、カーボンプレートを搭載した厚底シューズを履くリスクについて、改めてお伝えさせていただきます。

今回の記事では、ナイキの厚底シューズを、フルマラソン3時間以上のレベルのランナーが履くデメリットをお伝えし、デメリットを理解した上で「それでも履きたい」という方に向けて、履き分け方をご紹介します。

この記事を読むことで、ナイキの厚底シューズのリスクを理解した上で、ケガをするリスクを最小限に抑えながら、記録更新に役立てていく方法を知ることができます。

続きはこちらから
↓↓↓

LINE公式アカウントに登録していただくと、ブログの更新通知を受け取ることができます。

友だち追加