【ランニングフォーム改善】は、先輩ランナーからのアドバイスを真に受けてはいけない

ランナーの方から相談をいただく悩みの中で多いのが「ランニングフォーム」について。

膝や足が痛くなってしまったり、なかなか思うように記録が伸びていかない原因の一つに「ランニングフォームに何か問題があるのではないか?」と考えることがあるのだと思います。

そんな時に、ランニングフォームについてアドバイスを求める先の一つに「先輩ランナー」からがあります。

自分より先にランニングを始めていて、自分よりもマラソンの記録を伸ばしている先輩ランナーに聞けば、何か分かるのではないかと思うのも自然な流れだと思います。

そこに大きな落とし穴が待っています。

ランニングフォーム改善は、先輩ランナーからのアドバイスを真に受けてはいけません。

実際に、先輩ランナーにアドバイスを求めてみると、言われた通りにやってみてもしっくりこなかったり、人によって言うことが全然違ったりということが起こってきたりします。

なぜ、このようなことが起こるのか?

今回の記事では、ランニングフォーム改善は、先輩ランナーからのアドバイスを真に受けてはいけない2つの理由を解説していきます。

この記事を読むことで、ランニングフォームを改善していくにあたって、先輩ランナーからのアドバイスを真に受けず、自分に合った改善方法を見つけることができるようになります。

詳しくはこちらから
↓↓↓

LINE公式アカウントに登録していただくと、ブログの更新通知を受け取ることができます。

友だち追加