近藤 裕二 Yuji Kondo

◆1988/01/05
◆JRTA|日本ランニングトレーナー協会
 認定マスタートレーナー&講師
◆ECOUIN インサート 
 正規取扱認定トレーナー
◆鍼灸師
◆柔道整復師

Message

幼い頃から身体を動かすことが好きで、毎日のように日が暮れるまで公園で遊んでいたり、体育の授業が楽しみで仕方がなかったりする少年でした。

そんなスポーツ好きな少年だった僕は中・高と野球部に入りましたが、ケガで満足な競技人生を送れなかったこともあり、好きなスポーツに携われる仕事として、スポーツトレーナーを目指すことになります。

国家資格を取得し、
まずは鍼灸接骨院で様々な患者様を診させていただくことになりました。

延べ人数1,000名を超える患者様を1万回以上施術させていただく中で、すぐに良くなる患者さんと、なかなか治らない患者さんにはある違いがあることに気が付きます。

それは、「生活習慣の違い」でした。

どんなにその場で痛みが取れたとしても、その人の生活習慣が変わらなければ本当の意味での健康にはなりません。

本当の意味で健康であり続けるためには、
「治療」だけではなく、
「栄養」と「運動」を加えた3つのバランスが必要です。

そして、自らも実践すべく
3つのバランスの要素である「運動」として、
ランニングをスタートしました。

ランニングをしていく中で、
ある思いが芽生えます。

それは、「人生で一度は、フルマラソンを完走してみたい!」
という思いです。

その思いを実現すべく
初めて挑戦したフルマラソンでは、
20kmを過ぎた辺りから脚が重くなり、
後半はほとんど歩いてしまうという散々な結果でした…

振り返ってみると、
明らかな準備不足。

当時、20代前半と体力に自信があり、医療系国家資格やパーソナルトレーナーの資格も保有していたため、練習方法などは全て自己流で考えて行っていました。

ランニングに関する知識や経験は何もなく、何とかなるだろうと思ってがむしゃらに練習してしまった結果でした。

初めてのフルマラソンで失敗した自分には何が足りていなかったのか?

ランニングに関する専門的な勉強をしていく中で分かったことは、ランニングにおける身体の使い方が間違っていたということでした。

身体に負担のかかる身体の使い方の悪いクセがあったため、走れば走るほど膝に痛みが出る状態でした。

そこから、一から自分の身体を見直し、ランニングにおける正しい身体の使い方をトレーニングで身に付けたことで、膝の痛みを克服することができたのです。

ランニングは簡単なようで実は難しい。
自己流のランニングフォームで走り続けることにどれだけのリスクがあるかを知りました。
そして、ランニングにおいても基礎の部分がしっかりしていないと上手くいかないことを改めて学びました。

ランニングをするための土台となる身体作りや、ランニングにおける正しい身体の使い方をトレーニングすることで、ケガや故障を防ぎながら、より楽に、より楽しく走ることができるようになります。

自分自身の経験から、

僕と同じような悩みを持つランナーを救いたい。
僕と同じような悩みを持たないように防ぎたい。

この思いを胸に抱き、ランニングトレーナーとして活動させていただいています。

しかし、現状としてランニングをしていてケガや痛みを感じたことがあるランナーは90%を超えると言われています。
これは他のスポーツでは考えられない数字ですよね?

まだまだ自己流の走り方やトレーニング方法で身体を痛めてしまっているランナーがたくさんいるということです。

そして、正しい走り方やトレーニング方法を伝えられる指導者がいないということでもあります。

僕が活動していくことで、
少しでも多くのランナーが脚や腰の痛みに悩まされず、ランニングを生涯のスポーツとして楽しんでいただきたいです。

人生100年時代。

僕が目指すのは、

『 Hundred run 』
 〜100歳になっても走り続けられる身体作り〜

です。

僕の活動が、あなたのランニング人生を変えるきっかけを与えられたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

N.C.T 代表
ランニングトレーナー
近藤 裕二



ご予約・お問い合わせは24時間受付の専用フォームより受付けています。

お問い合わせはこちら